世界で1台のフェラーリ、競売へ

 世界に一台しか無い、幻のフェラーリが40年ぶりに日本の納屋から見つかり、9日に競売にかけられるそうです。

 見つかったのは、フェラーリ365GTB/4。365GTB/4は「デイトナ」と言う非公式の愛称で知られ、V12気筒エンジンを搭載、最高時速は280km/h。1973年までに1200台ほど生産されました。このうち、5台だけデイトナ24時間耐久レース出場のために軽量合金バージョンが生産されました。そして、この5台の中でたった1台だけ生産された公道走行用バージョンが今回発見された365GTB/4。

 このたった一台のフェラーリ365GTB/4、1971年に日本の販売店に輸出され、何人かの持ち主を経て1980年頃に最後の持ち主の納屋に収まったと言う事です。

 何故40年もの間納屋の中で眠っていたのかは判りませんが、発見された状態のまま修復などは行わずに出品されます。競売元のRMサザビーズは、170万ユーロ(現在のレートで約2億2千万円)の落札額を見込んでいるそうです。

 世界に一台のフェラーリ、しかも365GTB/4自体が元々人気の車種で、高値で取引されているのですが、それにしても車一台に落札予想2億円以上って凄いですね。

東芝、ウェスチングハウスに破産法申請へ

 経営再建中の東芝は、アメリカの原子力事業子会社ウェスチングハウスに、日本の民事再生法に相当するアメリカ連邦破産法11条(チャプター11)を適用する方向で最終調整に入ったそうです。

 ウェスチングハウスは現在東芝の火薬庫となっており、負債は6000~7000億円とみられています。チャプター11を適用すれば、更に3000億円規模の損失が発生すると見られていますが、それでも、東芝はリスクを今年度中に取り除いて新年度以降の経営再建を確実にする方を選んだようです。主力取引銀行もこれ以上の損失拡大を懸念、早期の申請を求める声が上がっていたことも影響したかも知れません。

 ただ、ウェスチングハウスの事業の一部にはアメリカ政府が債務保証をしているため、破綻処理によってアメリカ国民に負担が生じる可能性があり、また数千人規模でのレイオフが発生する可能性もあるため、特に雇用問題を重視するトランプ政権が反対するかもしれません。

 東芝は年度中に損失を処理し、新年度にV字回復とのシナリオを描いていますが、上手く行くかどうか。

豊洲市場の地下水、安全性に問題なし

 東京都の豊洲市場(江東区)に盛り土がされていなかった問題で、外部有識者の「専門家会議」の座長を務める放送大和歌山学習センター所長の平田健正氏は「安全性に問題は無い」との見解を発表しました。

 また、水がたまった理由については、「地下水管理システムが本格稼働していないため」であるとし、管理システムが稼働すれば水は減ると説明しています。

 採取された水からはヒ素や六価クロム、鉛などが検出されましたが、何れも環境基準値以下であり、平田座長は「水道水レベル、飲んでも大丈夫」と、安全性には問題が無いとの考えを示したものです。

 また、たまり水自体も管理システムが稼働することで減っていくとしています。ただし、地震によって液状化現象が起きる可能性を指摘、土壌汚染だけでなく、地震対策の観点からも地下水管理の必要性を訴えました。

 豊洲市場の盛り土問題と地下空間のたまり水問題、誰が決定したのか?、これからどうするのか?、本当に移転して良いのか?。問題が収束するにはかなり時間がかかりそうです。