カラーリングを自分で続けてたら、薄毛になりました

 41歳の専業主婦です。私が 初めてカラーリングを経験したのは、16歳の時でした。校則では髪を染めたり、パーマをするのは禁止されていましたから、高校1年の夏休みにカラーリングを自分でやりました。

 テレビのCMを見ていて、それと同じ商品を買いに行ってですね、すぐに試したんです。私は、本当に真っ黒の黒髪でしたけど、液の放置時間を守ってお風呂で洗い流してから乾かしたら、凄い!本当に色が変わった。自分じゃないみたい!と、こんなに簡単に安く髪の毛が染まるなんて凄いなー、と感動したのを覚えています。

 そしてですね、社会人になってからはもっと明るい黄色系やオレンジ系の色にもしていました。1番気に入ったのは、レッド系の ダークな色でしたね。

 そしてですね、髪が伸びてくるとです、伸びた頭頂部分だけ黒髪です。いわゆる、プリン頭になりますから、当時それが嫌でしたし、やはり髪を下ろしていると本当にダサいと思っていたから、少しでも、黒く伸びてきたら(2~3センチくらいかな?)また、一から全部の髪をカラーリングしていました。本当は 部分的に染めれば良かったかもしれませんが。1度挑戦してみたらですね、難しくて、色も違ってしまって。

 それからは、全部をカラーリングし直すようになりましたね、だいたい3ヶ月に1度の頻度で、カラーリングしてました

 そしてですね、30代半ばくらいから白髪が目立つように、なってしまいました。生え際は、特にです!。本当に2週間くらいしたら、ピッピッ、と白髪が 生えてくるんですよ。1ヶ月以上したら、あちこちから白髪が見えるんです。女性として、身だしなみ?、みっともないから毎月白髪を染めていました。白髪染めも一から全部をカラーリングしてました。

 薄毛が気になり出したのは39歳ですね。洗面所で自分の頭を見ると、前髪がすかすかでオデコの生え際の産毛は全く無くなりましたから。そしてですね、髪の毛をブラッシングしたりドライヤーをする時も多量に抜けます。髪の毛を洗い流す時には 本当に怖いくらいですね抜けるんです。カラーリングを長年やり過ぎた結果ですね。

 年々ですね、髪の毛が薄くなっていく気がしています。髪の毛を束ねる時に実感しますから。

 そこで美容室へ通うようになりました。だいたい、3ヶ月に1度です。そこで、刺激の少ないヘアマニュキアで白髪をカラーリングしてもらっています。あと、高いですが高級なトリートメントをしてもらい、髪の毛をコーティングしています。

 1番の対策になっているのは、美容師さんが、本当に本当に上手にヘアカットしてくれて頭頂部分や、オデコ周りの薄毛が隠れる髪型にしてくれています。

 頭皮ケア

世界で1台のフェラーリ、競売へ

 世界に一台しか無い、幻のフェラーリが40年ぶりに日本の納屋から見つかり、9日に競売にかけられるそうです。

 見つかったのは、フェラーリ365GTB/4。365GTB/4は「デイトナ」と言う非公式の愛称で知られ、V12気筒エンジンを搭載、最高時速は280km/h。1973年までに1200台ほど生産されました。このうち、5台だけデイトナ24時間耐久レース出場のために軽量合金バージョンが生産されました。そして、この5台の中でたった1台だけ生産された公道走行用バージョンが今回発見された365GTB/4。

 このたった一台のフェラーリ365GTB/4、1971年に日本の販売店に輸出され、何人かの持ち主を経て1980年頃に最後の持ち主の納屋に収まったと言う事です。

 何故40年もの間納屋の中で眠っていたのかは判りませんが、発見された状態のまま修復などは行わずに出品されます。競売元のRMサザビーズは、170万ユーロ(現在のレートで約2億2千万円)の落札額を見込んでいるそうです。

 世界に一台のフェラーリ、しかも365GTB/4自体が元々人気の車種で、高値で取引されているのですが、それにしても車一台に落札予想2億円以上って凄いですね。

東芝、ウェスチングハウスに破産法申請へ

 経営再建中の東芝は、アメリカの原子力事業子会社ウェスチングハウスに、日本の民事再生法に相当するアメリカ連邦破産法11条(チャプター11)を適用する方向で最終調整に入ったそうです。

 ウェスチングハウスは現在東芝の火薬庫となっており、負債は6000~7000億円とみられています。チャプター11を適用すれば、更に3000億円規模の損失が発生すると見られていますが、それでも、東芝はリスクを今年度中に取り除いて新年度以降の経営再建を確実にする方を選んだようです。主力取引銀行もこれ以上の損失拡大を懸念、早期の申請を求める声が上がっていたことも影響したかも知れません。

 ただ、ウェスチングハウスの事業の一部にはアメリカ政府が債務保証をしているため、破綻処理によってアメリカ国民に負担が生じる可能性があり、また数千人規模でのレイオフが発生する可能性もあるため、特に雇用問題を重視するトランプ政権が反対するかもしれません。

 東芝は年度中に損失を処理し、新年度にV字回復とのシナリオを描いていますが、上手く行くかどうか。