レイモンド・チョウ氏、死去

 香港の映画プロデューサーでゴールデン・ハーベストの元会長、レイモンド・チョウ氏が亡くなったそうです。91歳でした。

 レイモンド・チョウ氏は1927年、当時イギリス領だった香港で生まれました。大学卒業後香港スタンダードの新聞記者として10年務めた後、1950年に香港の映画会社「ショウ・ブラザーズ」に入社しました。同社で宣伝主任や宣伝部長、そして製作本部長を歴任後退社、1970年に同社のスター俳優だったジミー・ウォングらと共にゴールデン・ハーベストを設立しました。

 1971年にはブルース・リー主演の「ドラゴン危機一髪」が香港映画興行収益記録(当時)を更新する大ヒットとなります。1973年にリーが急死すると、ショウ・ブラザースから移籍したマイケル・ホイ主演のMr.Boo!シリーズが大ヒット。更に1980年、ロー・ウェイカンパニーからジャッキー・チェンを引き抜いて制作した「ヤングマスター 師弟出馬」が大ヒット。ホイ3兄弟やジャッキー・チェンの主演映画は香港は元より、日本を含むアジア各国でヒットを続け、20世紀フォックスとの合作「キャノンボール」でハリウッド進出も果たし、ゴールデン・ハーベストは黄金時代を築きました。

 世界にカンフー映画ブームを起こしたのも、レイモンド・チョウ氏の功績です。私も子供の頃には散々見たものです。

PAC3撤収

 北朝鮮の弾道ミサイル発射の危険性が低下したとして、防衛省は30日に北海道と広島県、島根県、愛媛県、高知県に配備されていたパトリオットミサイル(PAC3)を撤収しました。

 PAC3は、弾道ミサイルの迎撃を目的とした地対空ミサイルです。湾岸戦争でイラク軍が使用したスカッドミサイルの迎撃に使用されたPAC2の戦果が思わしくなかった事を受け、弾道ミサイルへの対応能力を向上させました。

 日本では2007年に初めて配備され、北朝鮮が弾道ミサイル実験を繰り返した事を受けて配備数が増えています。

 今回撤収されたPAC3は、北朝鮮が昨年8月にグアム島周辺へミサイルを発射する計画を公表した際、その上空を通過する可能性がある4つの県の駐屯地に展開していました。しかし、実際のミサイルは北海道上空を通過したため、函館にも追加配備されました。

 米朝首脳会談の実現以降、北朝鮮はミサイルの発射を行っておらず、一応緊張は緩和されたように見えます。しかし、撤収はされましたが、2016年8月に発動した破壊措置命令は維持されており、今後の動向次第では再配備が行われると言う事です。

山口達也、書類送検

 人気アイドルグループ「TOKIO」のメンバー山口達也(46)が、警視庁に書類送検されました。強制わいせつの疑いだそうです。

 一報を聞いて自分の目を疑ったのですが、仕事を通じて知り合った女子高生に、自宅のマンションで無理矢理キスをしたと言う事です。

 事情聴取に対して、山口は事実関係を大筋で認めており、また所属のジャニーズ事務所と被害者の間で話し合いの結果和解、被害届は取り下げる事にになったとのことです。

 山口達也はTOKIOのメンバーとして音楽活動をしながら、ドラマや映画に出演、バラエティー番組で司会を務め、CM出演もするマルチタレントとして活躍していました。

 しかし、2011年に免許証の期限が切れた状態で運転、無免許運転で書類送検されています。この時は不起訴処分となりましたが、出演していたCMは放送中止されました。

 NHKは山口達也が出演していた「Rの法則」の放送中止を決定、日本テレビも出演を当面見送るとし、収録済みの番組も編集で対応するとしています。

 未成年を自宅に連れ込んで二人きり、と言う状況だけで十分まずいのですが、強制わいせつでは完全にアウトです。和解が成立して被害届が取り下げられたとしても、暫く芸能活動は難しいでしょう。