世界で1台のフェラーリ、競売へ

 世界に一台しか無い、幻のフェラーリが40年ぶりに日本の納屋から見つかり、9日に競売にかけられるそうです。

 見つかったのは、フェラーリ365GTB/4。365GTB/4は「デイトナ」と言う非公式の愛称で知られ、V12気筒エンジンを搭載、最高時速は280km/h。1973年までに1200台ほど生産されました。このうち、5台だけデイトナ24時間耐久レース出場のために軽量合金バージョンが生産されました。そして、この5台の中でたった1台だけ生産された公道走行用バージョンが今回発見された365GTB/4。

 このたった一台のフェラーリ365GTB/4、1971年に日本の販売店に輸出され、何人かの持ち主を経て1980年頃に最後の持ち主の納屋に収まったと言う事です。

 何故40年もの間納屋の中で眠っていたのかは判りませんが、発見された状態のまま修復などは行わずに出品されます。競売元のRMサザビーズは、170万ユーロ(現在のレートで約2億2千万円)の落札額を見込んでいるそうです。

 世界に一台のフェラーリ、しかも365GTB/4自体が元々人気の車種で、高値で取引されているのですが、それにしても車一台に落札予想2億円以上って凄いですね。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です