東京電力が8位

 インターネット検索世界最大手のGoogle が公開した、2010年と比較して2011年に検索が急増した検索ワードのトップ10リスト「Zeitgeist 2011」によると、2位 Google+、6位 iPhone 5、9位 Steve Jobs、10位 iPad 2 など、ハイテク関連の検索ワードが多く並ぶなか、日本関連の検索ワードとして「東京電力」が8位に入ったそうです。日本語が検索ワードとしてランクインしたのは初めてとのことです。

 言うまでもなく、福島第一原子力発電所で起きた事故の影響ですね。原子炉の冷却機能が失われた事が明らかになった辺りから、国内はもとより世界中で連日報道されていました。自然災害にみまわれた原子力発電所が事故を起こした初のケースでしたし、先進国の中でも技術力で世界を席巻した日本で起きたと言う事でも注目を集めました。とても残念な事です。ただ、日本語で「東京電力」と言う事は、やはり日本国内からの検索なんでしょう。国内からの検索で8位にランクインとは、それはそれで凄いことです。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です