「家政婦のミタ」最終回視聴率40%

 ビデオリサーチ社の調べによると、日本テレビ系で21日放送された松嶋菜々子さん主演の連続ドラマ「家政婦のミタ」の最終回の視聴率は40.0%(関東地区)だったそうです。

 母親の死により崩壊寸前の阿須田家に、仕事は全て完璧にこなすが、常に無表情かつ機械的で、さらに命令されれば犯罪行為も平然と行う三田という家政婦が派遣され来るこのドラマ、初回から19%を超える高視聴率をマーク。その後20%を超えて大人気となり、話題を独占していました。学校や職場では「承知しました」「それは業務命令でしょうか」が流行するなど社会現象化し、とうとう視聴率も40%に到達しました。

 今時ドラマで40%とは凄い。もう今の日本で30%以上を獲れるのは、スポーツの日本代表戦くらいじゃないかと思っていたら、ドラマで出ましたよ。逆に日本代表戦でも40%は中々行かないでしょう。結局昨今言われているテレビ離れも、面白いコンテンツが無かったから、と言う事なのか?。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です