心臓病リスクを軽減する食べ物

 発展途上国を含めたほぼ全ての大陸にまたがる大規模な調査によって、油分や塩分が多く含まれた食品を多く摂ると心臓病のリスクを高め、果物や青物などの野菜を多く摂ると心臓病のリスクが減ることが確認されたました。

 これは南米、北米、西欧、東欧、中東、サハラ以南のアフリカ、南アジア、東南アジアと、ほぼすべての大陸にまたがる発展途上国を調査対象に含めた食生活調査「INTERHEART」の結果による物です。

 調査は、健康に良い成分や良くない成分を含む19の食品群について、「どの程度摂取するか」を回答してもらうという方法で行われました。なお対象の食品群については、それぞれの国の嗜好に合わせて調整されました。
 その結果、国に関係なく、揚げ物、塩分が多い食品、卵、肉など「欧米風」を好む人では、揚げ物や肉を殆ど又は全く摂取しない人に比べて、心臓病リスクが35%高いことがわかったものです。
 また、青物などの野菜や果物を多く摂取する人は、殆ど又は全く摂取しない人と比べて、心臓病リスクが30%低いことも判りました。

 さらに、健康的として近年人気が高い豆腐やしょうゆなど「和風」の食品を好む人では、心臓病リスクにほとんど影響がないことも判明しました。一方、一部の食品にはビタミンや抗酸化物質など心臓病リスクを軽減する物質が含まれているものの、しょうゆなどにはその効果を相殺するだけの高い濃度の塩分が含まれていることも、研究は指摘しています。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です