民主退潮

 読売新聞社の緊急全国世論調査によると、衆院比例選での投票先は、トップの自民党が26%で、民主党13%の倍となったそうです。

 前回、2009年7月の衆院解散直後に行った調査では、民主42%、自民23%だったのと比べると、民主党の退潮ぶりが目立ちます。

 当然の結果、でしょう。この約3年半、民主党政権のグダグダぶりは凄まじかったですから。特にルーピーとあだ名された総理大臣、日本憲政史上最も無能な総理大臣と言って過言ではないとおもいます。辞任を表明した会見では「国民が聞く耳を持ってくれなくなった」と、まるで被害者のような口ぶりで。あそこまで行くと、有能とか無能とか言う以前に、知能障害か精神異常を起こしているんじゃないかと疑いたくなるほどでした。
 アニュフェストにしても、美味しい話ばかり山盛りで、まるで悪徳商法の営業トーク。おまけに最後の総理も”近いうちに”と解散を約束したっきり、党ぐるみで約束を無かったことにしようとしていた有様で。

 しかし、自民党も前回と同じ数で、支持が回復しているわけでは無さそうです。民主党を見限った有権者を、どの政党が獲得出来るのか、それが勝敗を分けるのでしょう。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です