ニフティに不正ログイン

 ニフティ株式会社の発表によると、同社のサービス「@nifty」に2万1184件の不正なログインがあり、「氏名」「住所」「電話番号」「秘密の質問と回答」などの会員情報が閲覧された可能性があるそうです。

 同社によると、2013年7月16日午前10時に特定のIPアドレスからの「お客様情報一覧」ページへの不正なログインにより、会員情報が閲覧された可能性があることが確認されたため調査を開始。不正なログインが2013年7月14日から16日にかけて行われ、少なくとも2万1184のIDが対象となっていることが判明したそうです。現在、該当のIPアドレスからのアクセスを遮断。該当ユーザーには18日以降メールで連絡し、パスワードを再設定するよう呼びかけるとしています。

 現時点ではニフティからのIDとパスワードの漏洩は確認されていないということで、犯人は別の場所で入手したIDとパスワードを用いて不正ログインを行ったと見られています。
 複数のサイトで同一のIDやパスワードを使用しているユーザーは少なくありません。全く別のサイトでID漏れがあり、それがニフティで使われると言うパターンは十分にあり得ます。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です