優勝パレードの個人協賛金目標超え

 仙台市や仙台商工会議所などでつくる東北楽天ゴールデンイーグルス優勝パレード実行委員会によると、11月29日までに約1億1900万円集まったそうです。

 同実行委によると、パレード6日前の11月18日時点で目標額の3分の1しか集まっていない事態が大きく報道されたことを受け、危機感を持った楽天ファンらが一口3000円の協賛金申し込みが相次いだと言う事です。当初の目標金額は9120万円で、11月29日で協賛金の振込手数料の無料期間は終わった後も当面受け付け、実行委は超過分については連覇した際の優勝パレードの開催費に回すなど、今後使途について話し合うそうです。

 協賛金を巡っては、警備費が重荷となって予算総額が1億5400万円に膨らみ、目標額になかなか届かず、ニュース番組やワイドショーなどでも盛んに「協賛金が足りない」と報道されていました。こういうときのための親会社だとおもうのですが、楽天本社は何をしていたのでしょうか?。儲かっているはずですが、楽天は。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です