安倍首相、TPP再交渉を否定

 アメリカのトランプ大統領がTPPへの復帰について言及したことについて、安倍晋三首相は再交渉を否定しました。

 トランプ大統領は大統領選の公約にTPP離脱を掲げ、公約通り昨年TPP協議からの脱退を宣言しました。しかし、25日に出演したメリカのテレビ番組で「これまでより良い協定になるなら参加する」と復帰の考えを示唆。26日には、スイスで開催中だった世界経済フォーラムの年次総会で行った演説で、これまで否定していた多国間交渉への参加について言及するなど、更に具体的な話をしています。

 TPPは2016年にアメリカを含む12の国が署名していましたが、2017年にアメリカが脱退して発光できなくなっていました。そこでアメリカを除く11カ国が今月23日、12ヶ国合意した内容を修正してTPP11として署名することに合意しています。

 トランプ大統領のことですから、アメリカに有利な条件を引き出そうとしているのでしょう。ここからまた再交渉、しかも自国に有利な条件を要求されては、交渉が難航するのは必至。再交渉に否定的で、TPP11発効を最優先とする日本政府の方針は正しいと思います。

カラーリングを自分で続けてたら、薄毛になりました

 41歳の専業主婦です。私が 初めてカラーリングを経験したのは、16歳の時でした。校則では髪を染めたり、パーマをするのは禁止されていましたから、高校1年の夏休みにカラーリングを自分でやりました。

 テレビのCMを見ていて、それと同じ商品を買いに行ってですね、すぐに試したんです。私は、本当に真っ黒の黒髪でしたけど、液の放置時間を守ってお風呂で洗い流してから乾かしたら、凄い!本当に色が変わった。自分じゃないみたい!と、こんなに簡単に安く髪の毛が染まるなんて凄いなー、と感動したのを覚えています。

 そしてですね、社会人になってからはもっと明るい黄色系やオレンジ系の色にもしていました。1番気に入ったのは、レッド系の ダークな色でしたね。

 そしてですね、髪が伸びてくるとです、伸びた頭頂部分だけ黒髪です。いわゆる、プリン頭になりますから、当時それが嫌でしたし、やはり髪を下ろしていると本当にダサいと思っていたから、少しでも、黒く伸びてきたら(2~3センチくらいかな?)また、一から全部の髪をカラーリングしていました。本当は 部分的に染めれば良かったかもしれませんが。1度挑戦してみたらですね、難しくて、色も違ってしまって。

 それからは、全部をカラーリングし直すようになりましたね、だいたい3ヶ月に1度の頻度で、カラーリングしてました

 そしてですね、30代半ばくらいから白髪が目立つように、なってしまいました。生え際は、特にです!。本当に2週間くらいしたら、ピッピッ、と白髪が 生えてくるんですよ。1ヶ月以上したら、あちこちから白髪が見えるんです。女性として、身だしなみ?、みっともないから毎月白髪を染めていました。白髪染めも一から全部をカラーリングしてました。

 薄毛が気になり出したのは39歳ですね。洗面所で自分の頭を見ると、前髪がすかすかでオデコの生え際の産毛は全く無くなりましたから。そしてですね、髪の毛をブラッシングしたりドライヤーをする時も多量に抜けます。髪の毛を洗い流す時には 本当に怖いくらいですね抜けるんです。カラーリングを長年やり過ぎた結果ですね。

 年々ですね、髪の毛が薄くなっていく気がしています。髪の毛を束ねる時に実感しますから。

 そこで美容室へ通うようになりました。だいたい、3ヶ月に1度です。そこで、刺激の少ないヘアマニュキアで白髪をカラーリングしてもらっています。あと、高いですが高級なトリートメントをしてもらい、髪の毛をコーティングしています。

 1番の対策になっているのは、美容師さんが、本当に本当に上手にヘアカットしてくれて頭頂部分や、オデコ周りの薄毛が隠れる髪型にしてくれています。

 頭皮ケア