アニメーション・アルバム・オブ・ザ・イヤー

 2月27日に一般社団法人日本レコード協会が発表した、第28回日本ゴールドディスク大賞のアニメーション・アルバム・オブ・ザ・イヤーに、「銀魂BEST3」が輝きました。

 日本ゴールドディスク大賞は、1987年より開催され、レコード産業の発展に大きく貢献したアーティストと作品を毎年顕彰しています。選考基準は「CD、音楽ビデオなどの正味売上実績(総出荷数から返品数を差し引いたもの)と有料音楽配信の売上実績」で、去1年間で最も売れた曲と言う事になります。グランプリにあたるアーティスト・オブ・ザ・イヤーや、最優秀新人賞にあたるニューアーティスト・オブ・ザ・イヤー。その他シングル・オブ・ザ・イヤー、アルバム・オブ・ザ・イヤー、クラシック・アルバム・オブ・ザ・イヤー、ジャズ・アルバム・オブ・ザ・イヤー、インストゥルメンタル・アルバム・オブ・ザ・イヤー、サウンドトラック・アルバム・オブ・ザ・イヤー、アニメーション・アルバム・オブ・ザ・イヤー、純邦楽アルバム・オブ・ザ・イヤー、企画アルバム・オブ・ザ・イヤー、ミュージックビデオ・オブ・ザ・イヤー、特別賞等があります。

 今回アニメーション・アルバム・オブ・ザ・イヤーを受賞した「銀魂BEST3」は、アニメ『銀魂』のコンピレーションアルバム第3弾として2013年11月27日にリリースされたもので、テレビシリーズ『銀魂´』と『銀魂´延長戦』の各オープニングとエンディング、映画『劇場版銀魂 完結篇 万事屋よ永遠なれ』の主題歌の全12曲を完全収録しています。