東シベリアでマンモス死骸発見

 ロシア国営テレビが伝えたところによるとは、東シベリア北部タイミル半島で約3万年前に死んだとみられるマンモスの死骸が発見されたそうです。保存状態は良好で、同テレビによると専門家は「世紀の発見」だとしているという事です。

 マンモスを発見したのは、地元に住む11歳のエフゲニー・サリンデル君。同半島のソポチナヤ・カルガ岬を8月中旬に散歩中、異臭に気づき、土手から突き出た骨の一部などを見つけたものです。専門家が調べたところ、骨は15~16歳で死んだ雄のマンモスのものと判明しました。体長は約3メートルとみられ、キバや皮膚、皮下脂肪のほか脳の一部も残っていました。
 これほど保存状態が良い、成獣のマンモスの死骸が見つかるのは1901年以来という事です。

 マンモスは哺乳網長鼻目ゾウ科マンモス属に属する種の総称で、現生のゾウの類縁ですが、直接の祖先ではありません。巨大な牙が特徴で、種類によっては牙の長さが5.2メートルに達するものもありました。
 マンモスは大小数種類あり、シベリア以外のユーラシア大陸、アフリカ大陸、アメリカ大陸に広く生息していましたが、現在では全種が絶滅しています。