面白い恋人

 北海道土産の菓子「白い恋人」を製造・販売する石屋製菓(札幌市)から、商標権を侵害しているとして販売差し止めなどを求められた大阪土産の菓子「面白い恋人」が、売り上げを急増させているそうです。
 担当者によると「メーカーの製造が追いつかず、なかなか入荷できない。入ってもすぐに完売する」のだそうです。提訴前は1日平均10個程度だった販売が、1日300個に伸びた日もあったとか。「面白い恋人」の販売元である吉本興業が直営する大阪市内の2店舗でも、入荷と同時に売り切れる状態だと言うことです。

 話題の商品という事もあるだろうし、販売差し止めになったら買えなくなるという事で、今の内にと言う心理でしょうか。しかし、1日10個程度しか売れていなかったんですね。

 面白い恋人は、吉本興業の子会社である「株式会社よしもと倶楽部」が販売する菓子です。石屋製菓が販売する「白い恋人」の商品名とパッケージを模倣した、みたらし味のゴーフレット。2010年7月19日に発売を開始しました。大阪土産として販売されており、なんばグランド花月の売店や新大阪駅、伊丹・関西空港、また大阪府外の神戸空港などの土産物売り場で販売されていましたが、2011年11月28日、石屋製菓は吉本興業、よしもとクリエイティブ・エージェンシー、サンタプラネットの3社に対し、商標権侵害および不正競争防止法を根拠とする商品の販売禁止および破棄を求める訴訟を札幌地方裁判所に提起していました。